バンクイック増額

キャッシングは、初回利用時の限度額は低めに設定されています。決められた限度額で利用を続けていると「もう少し限度額を増やす事は出来ないかな?」と感じる方も少なくありません。限度額が不足と思った時は「増額申請」をすれば、現在の限度額を増やすことが出来ます。

 

もちろんテレビコマーシャルなどでもよく知られている「バンクイック」でも限度額の増額は可能で、増額を希望している方のために専門ダイヤルが用意されていますまた、会員ページから増額申請が出来るようになっていますので、まずは電話をかけて問い合わせをしてみましょう。

 

増額の案内が有る事もある

バンクィック増額案内

 

増額申請は、自分から問い合わせるとあった積極的な増額方法ももちろんありますが、「バンクイック」を利用者中に、銀行側から「増額をしませんか?」という増額のお誘い電話が入ることもあります。

 

そういった方法で増額が出来る人は、銀行側からみた時、「優良顧客」と言われる人になります。「優良顧客」というのは、銀行側にとって「お金を貸しても心配のない顧客」になります。

 

優良顧客として認めてもらうには

  • 継続的に利用し「借りては返す」を繰り返している。
  • 返済期日に遅れたことはない。
  • 繰り上げ返済で返済期間を短くしている。

といった事が重要です。

 

返済期日を守り、トラブルとは縁のない利用者は、銀行にとっても嬉しい顧客になります。銀行から「この人なら融資額を拡げても問題ない」という判断をしたうえでの増額提案なので、増額を考えている利用者にとって増額案内は良い機会と言えます。

 

専用ダイヤルから増額申請

「バンクイック」で増額を希望する時、最も手軽に申込めるのが専用ダイヤルへ電話を入れて、「増額したい」と伝えるだけです。増額は審査に必要な書類を、事前に用意しておけば慌てることなく審査をスムーズに受けられます。

 

 

増額申請の基本的な流れは

  1. 専門ダイヤルに連絡する
  2.    ↓

  3. 書類を用意して提出する
  4.    ↓

  5. 結果を待つ

と言う流れになりますが、専用ダイヤルに電話をするだけなので、どこからでも申込が可能です。

 

 

増額申請書類

増額申請に必要な書類

増額申請を擦る時、用意しておく必要がある書類があります。それは収入を証明する「収入証明書類」と言われるもので、増額するということは、今までよりも借りる額が増え、返済額が増える事になるので、今まで以上に収入とのバランスが重要になります。

 

「バンクイック」は特に年収による融資制限はありませんが、中には高額融資を希望する方もいます。「バンクイック」では借入希望額が100万円を超える場合は、収入証明書類を提出する必要があるので、それらの書類を用意しておく必要があります。

 

給与明細

 

 

増額に必要な収入証明書類は、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などを用意しておきましょう。書類が用意できていれば、手続きはあっという間に完了で、あとは結果を待つだけになります。


増額申請で思ってもいなかった事が起きる事もある

「バンクイック」の増額審査は、「申込者に増額が認められるかどうか」 という審査方法ではなく、あくまでも新規のカードローン審査と同じ基準で、審査があります。 どういう事かと言うと、増額が認められなかったので限度額はそのまま、という事ではありません

 

 

審査の結果次第で、限度額の減額や、最悪カードの利用停止になる可能性もあるということです。そのためには、減額や利用停止といったリスクを回避しなければなりません。

 

「バンクイック」の増枠審査によるリスクを回避し、限度額を増やしたい時は、よほど増額に自信がない限り「バンクイック」の増額はあきらめたほうが良いかもしれません。どうしても、借りる必要がある時は、一時的にクレジットカードのキャッシング枠を利用するとか、短期で借りる時なら無利息期間のあるカードローンへ申込む以外方法はありません。

 

他のカードローンへの申込は、万一審査に落ちたとしても、バンクイックの現在の限度額が減ることはありませんし、審査に通ればより多くの限度額が設定されたのと同じ事になり、失敗したとしても現状維持が可能です。 増額の審査によほどの自信がある場合を除き、限度額を増やす方法は他のカードローンへの申込みをするのもひとつの選択肢になります。

 

消費者金融で借りる時は総量規制に注意する

他のカードローンに申込む場合、総量規制について知っておく必要があります。 総量規制とは、消費者金融やクレジット会社からの融資限度額は「年収の3分の1以内に制限する」というものですが、総量規制での借入残高の計算には、銀行のカードローンは含みません。

 

つまり、年収450万円の人が、バンクイックから150万円の融資を受けていたとしても、消費者金融へ申込めば、最大で150万円までは借りられるということになります。注意が必要なのは、他の消費者金融へ申込む時は、「「アコム」は「バンクイック」の保証会社なので避けた方が賢明です。

増額可能かは翌日わかる

「バンクイックを利用しているけれど、すぐに限度額いっぱいになってしまうので、限度額を増やす事は出来ないのかな?」と思ったことはありませんか?

 

限度額を増やしてもらう事を「増額」とも言い、もちろん「バンクイック」でも増額して貰う事が出来ます。

 

増額してもらうには

限度額というのは、一度決まったらずっと同じわけではありません。必要に応じて限度額を引き上げてもらうことが可能です。増額する方法は、自分からバンクイックに申し出る方法と、バンクイックから「増額しませんか?」と言うように増額の案内が届く事があります。

 

バンクイックから案内があれば、それに対して「増額するかしないか」で答えるだけですが、自分から申請した場合は、再審査があります。

 

増額審査の流れ

バンクイックで限度額を引き上げてもらうには、「第二リテールアカウント支店専用ダイヤル」0120-76-5919へ電話を入れて「増額してほしい」と伝える方法と、バンクイックの会員ページにロングインして、増額の申込みをする方法があります。

 

ちなみに、会員ページには増額申請が出来る事以外に、さまざまなサービスがあるので、バンクイックを利用している人は登録しておくことをおすすめします。

 

電話か専用会員ページから、増額の申込みを済ませたら、再審査があるという連絡があります。再審査は、最初にバンクイックを申込んだ時と同じようなものだと思っていていいでしょう。

 

必要書類などは、「バンクイック」から指示があるので、それに従って準備しておいて下さい。年収が増えた場合は、収入証明書を提出すると審査に通りやすいので、必ず準備しておくのがポイントです。

 

審査結果はいつわかる?

増額必要時間

 

一般的に「増額審査というのは時間がかかるもの」というのが、当たり前になっているようです。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイッ」クの場合、増額審査はどれくらいの時間がかかるのでしょうか

 

「バンクイック」は増額の審査にも関わらず、最短で翌日に審査結果がわかるという、スピーディな対応をしてくれています。バンクイックの増額審査の結果は、基本的に電話で翌日回答をもらえるので、急いで限度額を増やしたい時でも慌てる事もなく、安心して申込が出来るのも「バンクイック」の魅力です。

増額申請で注意する事

増額申請で注意する事

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は使いやすい事で人気が有り、多くの人が利用しています。

 

「バンクイック」で利用を続けていると、「もう少し多くを借りられたらなぁ」と思う事が有ると思いますが、「バンクイック」は新たな借入を他社へ申込まなくても、「増額」する事で限度額が増やせます

 

増額する事のメリット

増額とは、「増枠」とも呼ばれ、利用限度額を増やすというもので、簡単に言うと、借りられるお金が増えるので、増額されれば、いざという時の安心感が違ってきます。

 

限度額が足らない時、「増額」を知らなければ、他社へ借入を申込み、新たな融資を受ける事を考えますが、出来事なら「増額」で限度額を増やす事を考えましょう。

 

と言うのも、新たな借入をすると、信用情報機関の個人情報には借入先が2件記載されるので、もし他の大型ローンを組む時、良い影響を与えません。「バンクイック」で増額してもらえば、そんな問題も発生しません。

 

増額が出来る条件

増額申請は、申込めば必ず増額が認められるというものではありません。しかし、優良顧客であればあるほど、可決の確率は高まります。

 

優良顧客とは、

  • 半年以上継続的に利用している
  • きちんと返済している
  • 繰り上げ返済して返済期間を短くする努力をしている

 

契約をしただけで、実際にキャッシングを利用していないという人は、増額が難しくなります。増額してもらうには「利用してきちんと返済する」という事を続けることが必要です。

 

 

増額申請で注意する事

増額を申込んだ場合、最初にバンクイックの契約をしたときと同じように審査があります。「バンクイック」の申込みや増額の審査は、アコムが行います。アコムが審査をする事になると、消費者金融への借入れや、返済状況が分かってしまうということです。

 

たとえ「バンクイック」の返済が順調に進んでいても、他の消費者金融で借入れをしている場合、延滞があったりすると増額はまず認められません。「増額の否決」という情報が残ってしまうと、他の会社からの借入れも難しくなります。

 

ですから増額申請をする時は、安易に増額の申し込みをしない方が賢明です。こちらから増額の申請をするより、出来る事なら「バンクイック」からの増額案内を待つ事をおすすめします。

増額申請の審査ポイント

「バンクイック」と契約を済ませ、利用している間に「もう少し利用枠が多ければ良いのに」と思ったことはありませんか?そんな時は「増額」を申請する事で、限度額を増やす事が出来ます。

 

増額申請そのものは、簡単ですが、増額して貰う為のポイントを抑えておく必要があります。

 

増額を申込む方法

電話で申込む時は、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)。受付時間は平日なら9時から21時まで、土、日、祝日なら9時から17時(12/31から1/3を除く)となっています。基本的にここへ電話を入れて「増額について相談したい」ことをオペレーターに伝えることから始まります。

 

そしてオペレーターとの会話の中で、増額の手続きが進められます。もう一つの方法は、会員サービスの中にある「利用限度額増額の申込」から増額申請をする事も可能なようです。

 

増額審査を受ける前に確認しておく事

増額の申込をするためには以下の事をクリアしていなければなりません。

  • 契約してから半年以上継続的に利用している
  • 返済で遅延や延滞を起こした事がない
  • 繰り上げ返済をして借入期間を短くする努力をしている

 

増額申請する為のポイントは「借りては返す」を繰り返すという状態をしばらく続けることが必要で、そのためには最低でも半年以上、実績を作る事がポイントです。

 

 

自信がなければやめておく

増額申請をすれば、当然限度額が増えるというメリットがあります。しかし、増額申請はメリットばかりではなく「申請しなければよかった」と言う結果になる事があります。

 

増額審査と言うのは、「増額を認めるかどうか」 という審査方法ではなく、あくまでも新規のカードローン審査と同じ基準で審査されます。

 

 

重要

増額審査に通らなかった場合「増額の審査基準に達していないので、増額は出来ないけれど、そのままの限度額で利用してください」という事ではありません。審査の結果によっては、限度額の減額や、最悪、カードの利用停止になる可能性もあるということです。

 

最低でも、減額や利用停止といったリスクを回避しなければなりません。そのためにはネット申込より、専用回線に電話を入れて、オペレーターと現状を相談しながら進める方法をおすすめします。

増額する事のメリット・デメリット

すでに「バンクイック」で契約をしている人ならご存知かと思いますが「初回契約した時の限度額が少ないので、限度額をふやせないかな?」と考える人が少なからずおられます。

 

「バンクイック」は簡単に増額申請が出来ますし、場合によっては「バンクイック」から増額の案内が来る事もあります。

 

増額をして貰うには優良顧客と認めてもらう

増額をして貰うには「バンクイック」からみた時、優良顧客として認めてもらう事が重要です。

 

そのためにも

  1. 半年以上「借りては返す」を繰り返している
  2. 返済は延滞や遅延を起こさず、返済日にはきちんと返済している
  3. 繰り上げ返済を利用して返済期間を短くする努力をしている

これらを続けることで、「バンクイック」から優良顧客として認められ、増額審査にも通りやすくなります。

 

増額する事のメリット

利用限度額が増えるという事は、借りられるお金、すなわち借入限度額が増えるのでさらに多くのお金を借りる事が出来るようになります。また、増額する事で他社からの借入が有る場合、「バンクイック」で1本化する事も可能で、限度額が増える事でこれまで支払っていた利息を減らすことが出来るようになります。

 

たとえば、消費者金融3社から150万円借りていたとすると、その金利は3社から上限金利の18.0%で借りていると思います。その借入をバンクイックにまとめると「バンクイック」の金利は100万円~150万円は11.6%になるので、単純に計算しても6.4%下がる事になります。

 

 

増額申請のデメリット

増額の審査は、初回申込時とほぼ同じですが、その内容に「利用実績」が加算されます。利用実績とは、バンクイックと取引をはじめてからの利用状況の事で「バンクイック」を、どの程度利用しているか、返済はきちんとできているか、という事もチェックされます。

 

そこで注意が必要なのは、増額のための審査なのに、逆に減額されてしまう場合もある、ということです。

 

チェック

たとえば、最近、勤務先が変わったばかりとか、給料が減額された、他社借入の返済が止まっているというように、初回の申込より状況が悪くなっている場合は、審査結果がマイナス評価され、限度額の減額や、最悪利用停止と言う事もあります。

 

増額申請はメリットばかりでなく、デメリットもある事を知っておく必要があります。

バンクイックで増額を断られたら

増額を断られる

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも人気のカードローンです。

 

「バンクイックでキャッシング出来るけれど、今のままだとすぐに限度額が一杯になってしまうので使いにくい」という時、限度額は増やす事が出来ます。

 

しかし、増額は、申請をすれば誰でも増額が出来るというものではなく、断られる事もあります。

 

増額を断られる理由

バンクイックで増額を断られる時は何らかの理由があります。

 

考えらえる理由として

  • 借入希望額が返済能力に見合わない。
  • 優良顧客としての条件を満たしていない

限度額の増額ができない理由として、主にこの2つです。

 

 

返済能力の評価は、コンピューターを使って、申込書に記入した収入や雇用形態、勤続年数、年齢、配偶者の有無などの項目をスコアリングし、その合計点で評価が決まりますが、中でも重要なのは収入で、返済能力が有る無しが直接影響してきます。

 

新規契約の時点では、様子を見るという意味から、返済能力による見込みに比べるとやや低めに設定されます。その場合、利用実績を重ねていけば限度額増額はさほど難しいことではありません。ただし、借入希望額が返済能力に見合わない時は、希望通りの増額ができない事があります。

 

 

次に優良顧客として認めてもらえるのは

  • 半年以上継続して利用している
  • 返済は遅延や延滞を起こさず順調に続けている
  • 繰り上げ返済で返済期間を短くする努力をしている

原則として、この条件を満たしていなければ、優良顧客として扱われることはありません。優良顧客として認められれば増額して貰える可能性は高くなります。

 

新たな借入は問題が多い

上記のような理由で限度額増額を断られた場合、他社で新たに借入れを考える方もおられますが、この方法はおすすめできません。ひとつは、1社でまとめる事で金利は下がりますが、2社以上で借りると上限金利で借りる為、一番不利な金利で借りる事になります。

 

複数社と契約する事は、1件でまとまった借入枠が作れないお金に困っている人とみなされます。そのような状況になってしまうと、増額申請が出来るようになった時でも審査に通る可能性はないと言っても過言ではありません。

 

新たな借入をしてしまうよりも、増額審査が通るような状況になるまで待つ事が、最善の方法と言えます。

バンクイック増額申請のコツ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は条件もよく、銀行カードローンの割には敷居が低いことから人気のあるカードローンです。「バンクイック」を現在利用中の方も少なからずおられますが、「今の利用限度額が少ない」と思う事あがあります。

 

そんなときは増額をする事で限度額が増やせます。増額手続きは、コツを知っていればスムーズに限度額が増やせます

 

まずは専用ダイヤルに電話を入れる

増額申請をする際「専用の番号まで連絡を入れてまずは相談」ということになります。三菱東京UFJ銀行は大銀行だあって、問い合わせの番号もたくさんあります。どれかにかける事で、最終的には目当ての番号にたどりつけますが、増額申請の申込をするには「第二リテールアカウント支店」の専用ダイヤルにかける事がポイントです。

 

専用ダイヤルに電話をかけて、「バンクイック」の利用限度額を増額したい事を担当者に相談してみましょう。詳しい手続きは相談時に案内をもらえると思います。ただし、電話連絡後、すぐに増額に応じてもらえるとは限りませんし、場合によっては簡単に再審査される可能性もあります。

 

増額すると限度額が増えるわけですから、それでも返済が可能かどうかを確認されるのは貸す側にとっては当然の事になります。借入に審査がつき物なのは当然で、再審査がされたとしても問題ないよう、時間的余裕を持って申込みをする事がポイントです。

 

融資限度額は最大で500万円ですが・・・

いくらまで増額したいという希望が有っても、具体的にいくらまでならバンクイックの限度額が決まるのかが気になるところです。「バンクイック」の融資条件は10万円~最大で500万円までとなっています。ただし、希望すれば誰でも500万円借りれるわけではありません。

 

限度額は希望額に見合った属性が必要になります。先に「再審査がある可能性」をご紹介したのもこれが理由で、新規契約では限度が低いと感じますが、それは増額申請でも一緒で、返済が続けられなくなるような限度額は望めませんし、借りられません。

 

 

重要

増額時の再審査だと基準が少し緩くなるということは基本ありません。身の丈を超えるような額を申請しても増額される事はありません。