バンクイックは電話確認なしで借入れできるらしい!

バンクイックは電話確認なしで借入れできるらしい!

バンクイックを利用するときには電話確認なしで借り入れができるという話があります。通常はカードローンを利用するときには本人確認と在籍確認が必要になるため、電話をして確認を取られることになるのが一般的です。自宅や携帯電話への電話によって本人が出るというのを確認して本人確認にします。そして、職場に電話をして本人が電話に出るか、同僚や上司などが電話に出て本人は外出しているなどの情報を得られたら在籍確認が取れたと判断するのです。

 

バンクイックではこの手続きをせずに借りられるケースがあるという話題がありますが、本人確認も在籍確認もお金を貸す側としては必須です。バンクイックの場合には確認のために自宅や職場に電話をする場合があると明記しています。しかし、必ず電話をするというのではなく、場合があるという記載になっているため、電話確認がなくても審査が完了するのではないかと考えられるのです。

 

バンクイックではインターネットやモバイルを用いる申し込み方法の他にテレビ窓口や電話で申し込む方法も選べます。インターネットやモバイルの場合には虚偽の申し込みをすることは簡単であり、架空の人物を偽ってしまう可能性があるのは確かです。しかし、テレビ窓口や電話を使って申し込みをすれば本人確認についてはその場で行うことができます。

 

電話をかけられるのが困るというのであれば、自分からかける電話申し込みなら問題はありません。テレビ窓口を使えば自分から電話をかける必要すらありません。これらの方法を選べば自宅や携帯電話への連絡による本人確認についてはなしにしてもらえる可能性があります。しかし、この場合でも会社に勤めているかどうかを確認することはできません。収入があることを確認するためには勤め先に確実に在籍している証拠が必要になります。そのためにやはり職場への電話連絡をしなければなりません。

 

職場への電話確認なしでバンクイックで借り入れができる可能性は全くないわけではありません。バンクイックには土日祝日も申し込むことができて即日融資可能なのが特徴です。職場が休みの土日祝日に申し込んだとしても借りられるということは、在籍確認を他の方法で行って代替していると考えることができます。

 

消費者金融の中には勤め先の健康保険証や給与明細書を提出することによって代替する措置を取っているところもあるので、これと同じような形で代替することもある可能性があります。

 

このような場合とは別に電話確認が実質不要になるケースもあります。会社員や公務員などとして働いている場合には職場があって在籍確認を取ることができるのは確かです。しかし、自営業やフリーランスなどで自宅で働いている場合には本人確認ができれば在籍確認ができているのと違いがあまりありません。

 

事業用の電話番号がある場合にはその電話で確認を取る場合もありますが、その電話から申し込みをしたり、そもそも事業用の電話は準備していなかったりする場合には電話をしても確認することはできません。このようなケースでは電話確認なしで借り入れができるようになる可能性があります。会社員や公務員などに比べると審査が厳しくなりやすいので、安定した収入があることを示せることが重要になるので注意は必要です。

 

このようにバンクイックでは原則として電話確認によって本人確認と在籍確認が行われるのが原則です。しかし、状況によっては電話をされることなく借り入れができるようになる可能性もあります。土日祝日のように勤め先が休みの日に申し込みをするような工夫をすることが必要になるでしょう。電話を受けたくない事情も説明すると理解してくれる可能性もあるので交渉することが大切です。

バンクイック