土日でもバンクイックなら可能!借り入れ方法は?

土日でもバンクイックなら可能!借り入れ方法は?

カードローンのバンクイックは、三菱東京UFJ銀行が提供しているサービスです。大手都市銀行が提供しているサービスであるため、満足度は高いです。借り入れ方法も多数用意されているので、利用することのできる人の幅は広いです。具体的にはインターネット、銀行のATMコーナー内にあるテレビ電話窓口、電話での申し込みをすることが可能です。

 

インターネットの場合は24時間365日いつでも申し込みをすることができるというメリットがあります。もちろん土日祝日に申し込むことも可能です。審査結果はその場で伝えられます。

 

テレビ電話窓口も土日祝日も稼働していて、平日でも銀行が閉まっている15時以降も稼働しているため忙しくてなかなか申し込む時間を取ることができない方でも申し込むことができます。テレビ電話窓口での申し込みの場合、運転免許証があればその場で審査を行って、審査が完了した後はその場でカードが発行されるのですぐに利用開始することもできるメリットがあります。

 

電話での申し込みの場合も土日祝日も利用することができるようになっています。電話が適しているのはその場で相談しながら申し込みたいという人です。わからないことがあってもその場で質問すればオペレーターが適切に応えてくれるので後に疑問点を残すことはありません。こちらの場合は郵送や電話で審査結果をつたえてもらいます。

 

電話の場合はカードは後日郵送という形になりますが、インターネットの場合は後日郵送だけではなく電話窓口から申し込みをした場合と同じように、電話窓口から受け取るようにすることも可能です。申し込みは時間がある時にインターネットから行っておくことで審査の待ち時間が無くなるというメリットがありますから、近くに電話窓口がある人でも利用するメリットはあります。

 

バンクイックはカードローンであるため、申し込み後の借り入れ方法はカードを利用して借り入れをすることになります。提携するATMにカードを挿入して金額を指定して借り入れるという方法です。シンプルで使いやすく、銀行預金を下ろすように使えるという便利さがあります。

 

バンクイックは、年利1.8パーセントから14.6パーセントと消費者金融系に比べてとても低い設定となっているのが魅力です。そのため、他のカードローンを利用していて利息の負担を減らしたいという人がおまとめ目的でバンクイックを利用するという利用方法も考えられます。

 

バンクイックは返済方法も充実していて選ぶことができるのも魅力です。指定日に銀行口座から自動引き落としがなされるタイプ、指定口座への振込み、ATMでの支払いを選ぶことができます。また、返済期日も35日ごとの返済と毎月指定日の返済を選ぶことができます。人によってお金の入る時期が異なるでしょうから、柔軟に指定することができる点は利便性を高めているといえるでしょう。

 

返済額は利用残多寡に応じて決まった額になります。ただ、これに追加して支払うことも可能です。余裕がない時は最低支払額を支払って余裕がある時は追加で支払うという利用方法も考えられます。最低額のみの支払ではなかなか債務は減っていきませんが、賢く追加返済をしていけば元本は早く減っていきますし、負担する利息も少なくなっていくので追加返済をするのは良い方法です。

 

返済額を知りたい場合や返済期間を調べたい場合は、バンクイックのホームページを利用すると便利です。返済シミュレーションのページではこれらをシミュレーションすることができるので、活用すると返済計画を立てていくことが可能です。また、初めてのカードローン口座などの情報も公式ページでは扱われているのでチェックしてみましょう。

バンクイック