学生の場合のバンクイックでの在籍確認はどうなっている?

学生の場合のバンクイックでの在籍確認はどうなっている?

バンクイックを利用するための最低条件は、「満20歳以上」「安定した収入がある」というものです。この条件をいずれもクリアしていてバンクイックの審査を突破することができれば融資を受けることができるわけですが、特に「正社員のみ」「学生不可」といった条件が設定されているわけではないので、学生でも条件を満たしてさえいれば問題なくバンクイックから融資を受けることができます。

 

ただし、バンクイックに限らず「返済能力と信用」が審査を突破するために非常に重要なため、学生などいずれの能力もそれほど高くない場合は契約できない状況も増えてしまいます。バンクイックへ審査を申し込み、落ちた場合には別のカードローン業者に申し込みをしながら契約できるカードローン業者を見つけようという考え方もありますが、その方法はまずもって成功する見込みはありません。

 

なぜならば、短期間で複数件の申し込みを行った場合に「申し込みブラック」という状態になる可能性があるためです。申し込みブラックとは、「審査を申し込んだ」という履歴がたくさん残っていることでカードローン業者が疑問や不安を感じ、本来の評価に関係なく融資を見送ろうとする動きを指します。要は、申し込みブラックの状態になると融資を受けられなくなってしまう可能性が非常に高いため、極力避ける必要があるわけです。

 

その点に気を付けていれば、アルバイトやパートなどで得ている収入で契約することは十分に可能です。バンクイックが定めている申し込み条件には、年齢と収入の有無、収入の安定感が大きく関係するので、アルバイトなどで得ている収入に安定感がない場合は融資を受けられない可能性が出てきます。

 

具体的にどの程度の金額ならば大丈夫なのかという基準はありませんが、おおむね「毎月安定して収入が入ってくる状態」、なおかつ「日常生活に支障がない程度の収入」であれば契約できる可能性は十分に考えられます。たとえば、毎月10万円ずつアルバイトで収入を得ている人ならば、金額的にも安定感的にもほとんど問題ないといえます。ただ、同じ年収(120万円)でも、半年に一度60万円ずつ収入を得ているような状況では安定感が疑問視される可能性が高いです。

 

このように、まったく同じ年収でも状況によっては評価および結果がまったく違うものになってしまう可能性があるということも含め、総合的に契約の可能性を推測して申し込みをすることが大切です。そうすることによって希望する融資を受けられる可能性を高めるとともに、前述した「申し込みブラック」になってしまうことを回避することができます。

 

学生がバンクイックを申し込む場合には、「在籍確認」をよく理解しておくことも大切です。在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先に間違いなく勤めていることを確認する行為ですが、これはすべてのカードローン契約時に行われます。一応、方法には「電話確認」「書類確認」の2種類がありますが、ほとんどのカードローン業者は電話確認で行います。これは、単に確認のコストが安く済むという理由も大きいですが、「信ぴょう性」が大きなポイントです。

 

書類でも偽って契約をすることは簡単ではありませんが、電話の場合と比べると難易度は下がります。そのため、本当に返済能力を有している人物なのかどうか、信用できるのかどうかという判断をする意味でも在籍確認は非常に大きな意味を持っています。

 

学生の場合は「アルバイト先」などに電話が掛かってくるため、状況によっては話が大きくなってしまう可能性もあります。そのため、自身で電話に対応できる状態で掛けてもらうか、もしくは「事前に自分あての電話が掛かってくる」ということを伝えておくと滞りなく完了できます。

バンクイック