バンクイックで借り入れできない!自己破産が原因かも

バンクイックで借り入れできない!自己破産が原因かも

バンクイックで借り入れできない原因として考えられるものに自己破産があります。ローンでお金を借りるときには審査に通らなければなりませんが、このときに個人信用情報機関の記録が利用されます。これには個人を特定するための氏名や住所などの情報の他に、金融機関からの借り入れ状況に関する情報が記録されていますが、この中で重要なものにトラブルを起こしたことを示す異動情報があります。

 

2か月以上の支払いの延滞や債務整理を行ったときに債権者からの通知を受けて記録されるもので、稀に通知しない業者もいますが基本的にはトラブルを起こすと記録が残ります。保持期間は永久ではなく5年から10年になります。

 

個人信用情報機関は3つありますが業種によって参照するものが異なり、保持期間にも違いがあります。銀行のほとんどが加盟している全国銀行協会では自己破産の保持期間は10年であり、バンクイックもこれに加盟しています。

 

この異動情報がバンクイックで借り入れできない原因になります。他の要因であれば10年もかからずに削除されるため、自己破産でも記録がなくなっているだろうと思って申し込んでしまうと審査に落ちます。過去にトラブルを起こしているのでバンクイックに貸し倒れのリスクを警戒されてしまい、信用を得ることができないので記録があるだけで通らなくなります。

 

機械的に落ちてしまうので、利用目的などを説明して審査を有利にしようという相談をする余地もありません。異動情報が残っているかどうかは個人信用情報機関に開示請求して取り寄せることができるので、申し込みの前に消えていることを確認すると良いでしょう。

 

ただし、10年以上経過して異動情報が消えていても借り入れできないケースもあります。これは自社記録によるもので、保持期間が決められていないのでほぼ永久に残ります。具体的な例としてはバンクイック、またはこのサービスを提供する東京三菱UFJ銀行のクレジットカードや他のローンなどで支払いの遅延や債務整理などのトラブルを起こしているとその記録が残っているため、一旦強制解約された後に再度申し込みをしてもトラブルを起こしていることが把握されてしまうので審査には通りません。

 

また、審査はバンクイックのものだけに通れば良いというものではなく、保証会社からも許可を得なければならないことも影響します。自分で手続きする必要がないのであまり意識することがありませんが、保証を得られないと契約できません。

 

この場合も自社記録が問題になります。バンクイックの保証会社になっているのは消費者金融のアコムです。自社記録が残ってしまうケースとしてはバンクイックでトラブルを起こした場合の他に、アコムを利用してトラブルを起こした、同様に保証している他の銀行でトラブルを起こしたなどになります。

 

3つ目はアコムを直接利用しているわけではないので忘れがちですが、返済できなくなって代位弁済を行った際に債権が移って記録されます。そのため、過去に銀行で何らかのトラブルを起こしている場合には保証会社がどこであったのか確認しておきましょう。

 

なお、自己破産や他のトラブルを起こした場合でも記録されるのは本人だけであり、同居する家族の情報にまで影響が出ることはありません。そのため、家族は問題なく契約ができます。異動情報が消えるまで待つことができなかったり、自社記録によって時間が経過してもバンクイックと契約することができない場合、家族が合意するのであれば代わりに借りてもらって返済すると良いでしょう。合意が得られないからと、勝手に家族の名義で契約して借りるのは違法行為なので避けなければなりません。

バンクイック