バンクイックの解約手続きと注意しておきたいこと

バンクイックの解約手続きと注意しておきたいこと

勘違いされている方も多くいますが、バンクイックの契約はすべての返済が終了しても自動的には解約にはなりません。

 

バンクイックの解約方法は、電話による手続きです。
他社の中には、インターネットからや店頭・メールなど様々な解約方法がある場合がありますが、バンクイックの場合は電話のみとなっています。

 

第二リテールアカウント支店へ電話をし、解約したい旨を担当オペレーターへ伝えてください。受付時間は、平日9:00~21:00まで、土日祝日であれば9:00~17:00までとなっています。平日も受付時間が21:00までと長く、また土日祝日も電話がつながるため、利用者にとっては電話しやすい環境にあるのではないでしょうか。

 

電話での連絡時、契約の詳細を確認する前には必ず本人確認が必要となります。それは、中には契約者を装って妻など第三者が電話で契約の有無を確認するためなど様々な理由から電話をしてくるケースがあるためです。氏名や生年月日、登録の電話番号など契約者であればさほど難しくない質問のため、少し面倒に感じるかもしれませんがしっかり答えてください。
解約を行う場合は、すべての利用残高がゼロになっている必要があります。連絡時にまだ残高が残っている場合は、現在の利用残高と必要な利息、また返済口座など詳細を確認しましょう。利用残高についてはバンクイックの会員ページからも確認が可能ですが、翌日以降に返済を行う場合は利息金額が変わってくるため、電話で確認する方が確実です。

 

基本的には電話で解約手続きは終了します。

 

具体的な手続きの流れについては、担当のオペレーターから詳しく説明があるため、指示通りに従えば問題ありません。
もし、銀行で住宅ローンを組む場合に、解約証明書の提出を求められる場合があります。また他社で借り換えをする場合等も提出を求められる場合があります。

 

もし必要な場合は、電話で解約の連絡をした際に解約証明書の発行を依頼しましょう。送付先は通常登録先の自宅住所などになりますが、もし家族に契約していたことを内緒にしていた場合は、自宅に郵送することで契約していたことが判明してしまう恐れがあるため、登録住所以外に送付が可能か否かも確認しておくと良いでしょう。また解約証明書が到着後に慌てることがないように、事前に何が書かれているかについても確認しておくと安心です。

 

もし、郵送されて困る場合は、解約手続き完了後の送付書類の有無や、送付書類があれば発送を止めることができるかも確認するとより確実です。

 

バンクイックの解約方法は説明した通り、さほど難しいものではありません。

 

もし借入が日常化してしまっている方は、そのままカードを手元に残しておくとまた借入をしてしまう恐れがあるため、解約することをおすすめします。しかし今後また利用する可能性がある方や、支出と収入がきちんと把握できていない方は、解約するのを一度検討すると良いかもしれません。

 

もちろん解約手続き完了後の再申込は可能です。しかし、再度自宅や勤務先情報を申告するほか、運転免許証や保険証などの運転免許証、また源泉徴収票等などの収入証明書類も再提出が必要となります。

 

また現在の収入や他社の借入・返済状況によっては審査に通らない可能性があるため注意が必要です。契約条件も必ずしも、同一の内容とは限りません。過去の利用実績があっても再契約に有利となることはないため注意が必要です。

 

何も知らずに解約してしまうと後々後悔してしまうかもしれません。後悔しないためにも、まずは自分の利用状況をきちんと把握して、本当に解約が必要か否か見極めてから手続きをするようにしましょう。

バンクイック