バンクイックの仮審査を通らなければ限度額は決められない?

バンクイックの仮審査を通らなければ限度額は決められない?

バンクイックが公表している限度額は、公式WEBサイトを確認することで誰でも簡単に把握することができます。ただ、これはあくまでもバンクイックが設定している限度額の上限を意味しているだけに過ぎず、実際に利用する人が設定される上限金額は「その範囲のどこか」に設定されるという意味に過ぎません。つまり、最高額に設定される可能性もありますが、最低額に設定される可能性もあるということです。

 

これらの判断すべてバンクイック側が行いますが、その基準は「審査」で決定します。バンクイックに申し込みを行うと、まずは仮審査が行われ、その結果を参照して融資の可否が判断されます。仮審査の段階では具体的な上限金額が決定するというわけではなく、あくまでも融資の可否が判断されるのみにとどまります。ただ、いずれにしても仮審査を突破できなければ融資を実現することができなくなってしまうため、いかにこの関門を突破するのかが重要です。

 

現在、カードローンには「総量規制」という要素が大きく関係しています。総量規制には、対象になるカードローンとならないカードローンがあり、いわゆる「銀行系カードローン」は総じて総量規制の対象になりません。「消費者金融系カードローン」と呼ばれるものに関しては総量規制の対象になるため、利用者の年収に応じて上限金額が変動します。しかし、バンクイックは銀行系カードローンなので総量規制対象外となるため、具体的な上限金額の制限はありません。

 

総量規制の対象になる場合、100万円を借りたい場合は年収で300万円以上必須となります。200万円を借りたい場合には600万円が必須となりますが、総量規制対象外の場合は年収300万円で200万円を借りることも不可能ではありません。もちろん、現状その可能性が高くないことは周知の事実なのですが、可能性があるのとないのとでは大きな違いです。

 

上限金額を大きくしたい場合には、総量規制の影響も加味して年収を増やすことが必要です。もし、100万円を借りたいのに年収が250万円しかない場合にはアルバイトなどで年収を50万円上乗せすることで実現の可能性が生まれます。総量規制の対象外であるバンクイックを利用する以上は年収の制約はありませんが、現実的に設定され得る上限金額は総量規制の範囲に収まることが多いため、できる限り基準をクリアしておいた方が良い結果に近づくことができます。

 

仮審査突破後、本審査や在籍確認などが行われて最終的な上限金額が決定しますが、兎にも角にも仮審査を突破しないことには可能性はゼロです。ただ、この審査に関しては非常に高い基準が設けられているというわけではなく、「ごく基本的な属性や能力がある」と判断されれば十分です。

 

たとえば、一般的なサラリーマンであれば特に問題なくこの審査をクリアすることができると考えて問題ありませんが、それはあくまでも「年収の問題をクリアできる」という段階です。実際の審査では、年収=返済能力として判断されるわけではなく、年収に加えて債務総額も返済能力を推し測る上で非常に重要な役割を持ちます。

 

要は、年収200万円の人と年収500万円で債務を300万円負っている人の年収は同じ、もしくは後者の方が低いと判断するのが基本的な考え方であり、いかにこの段階で高い評価を獲得できるかが審査結果を左右するわけです。

 

仮審査を突破するために必要な基準は公開されていませんが、過去に利用した人の体験談などを参考にすることで一定の基準を見出すことができます。確実な基準とは言えないまでも、傾向を分析することで自身の突破期待度を推測することくらいは十分に可能です。

バンクイック