バンクイックは在籍確認アリ!個人が申告した内容もしっかり確認している

バンクイックは在籍確認アリ!個人が申告した内容もしっかり確認している

バンクイックは銀行系のカードローンで金利が年1.8%から年14.6%と安く、融資額の上限が500万円と高額です。申込の条件としては、まず年齢が満20歳以上65歳未満であることが求められます。安定した収入があり、保証会社による保証が受けられることも必要です。

 

利用者は国内に居住する個人に限られますが、外国人でも永住許可を受けていれば利用できます。審査は運営会社である銀行と保証会社により二重に行われます。銀行口座がない場合でもキャッシングは可能です。インターネットから申込を行えば店舗に行かなくても全ての手続ができますが、自宅や職場への在籍確認の電話連絡があります。

 

バンクイックは銀行系カードローンなので貸金業法が適用されず、総量規制の対象外です。銀行系カードローンは審査が厳格に行われる傾向がありますが、バンクイックは比較的緩やかに行われます。審査時間も早く30分ほどで済む場合もあり、即日融資も可能です。

 

申込の際には本人確認書類を提出します。50万円以下の場合には収入証明書類は不要です。審査が早く使いやすいため人気があります。安定した収入があれば、パートやアルバイトでも利用可能です。収入が年金のみの場合でも利用できます。自営業者や個人事業主の場合には自宅へ在籍確認の電話連絡があります。サラリーマンや公務員の場合には職場への電話連絡が行われます。

 

審査では年収や勤務先、勤務形態などの他に信用情報も問われることになります。信用情報機関に登録された内容から、現在の借入状況や過去の延滞などが分かるので、申込書類は正確に記載することが必要です。

 

特に安定した収入があるかどうかは重要なポイントとされます。カードローン会社が在籍確認の電話連絡を行う理由は、安定した収入があることを確認するためです。申告した勤務先に所属していることが確認できれば、安定した収入の存在を証明する一つの証拠となります。

 

バンクイックは在籍確認や信用情報機関への照会を通して、申告した内容を確認しています。スムーズにキャッシングを行うには、正しい情報を申告することが重要です。電話連絡は、基本的に審査結果が明らかになるまでに行われます。土日祝日に申込を行い在籍確認ができない場合には、審査結果の回答が遅くなることがあります。しかし後日電話連絡を行うこととして融資が受けられる場合も存在します。

 

バンクイックでは必ず電話連絡が行われ、書類確認に代えることはできません。職場への連絡を回避したい場合には、仮審査の通過後にテレビ窓口へ行き手続を行う方法もあります。

 

 

職場へ電話連絡が行われても、同僚などに知られる心配はありません。一般的なカードローンでは個人名で電話がかかってきます。バンクイックの場合には運営会社である銀行名で電話連絡があります。個人名での連絡を希望する場合は、担当者と相談して変更することも可能です。

 

実際の流れとしては、本人が電話に出るだけで完了します。本人が不在の場合でも、電話に出た人の対応から在籍が確認されれば完了です。電話連絡の手続は5分以内で済みます。一般的なカードローンでは土日祝日は審査が行われない場合もあります。

 

バンクイックの場合は土日祝日でも審査を行っており、在籍確認の電話連絡も行われます。電話連絡により在籍が確認されれば、土日祝日でも即日融資が可能です。ただし勤め先が休業日で在籍の確認ができない場合もあります。そのような場合は審査が平日に持ち越されるのが原則です。

 

土日祝日に電話連絡ができない場合には、都合の良い日時を担当者と相談することもできます。インターネットから申込を行うと自宅や携帯電話に本人確認の電話連絡があるので、その際に担当者に相談する効率的です。

バンクイック