バンクイックカードの再発行の時間は?再発行されるまでは借入れできない?

バンクイックカードの再発行の時間は?再発行されるまでは借入れできない?

銀行系カードローンの一つである「バンクイック」は、利用時にバンクイックカードを使うのが基本です。バンクイックカードを使って(提携)ATMで出金(借り入れ)、入金(返済)を行いますが、必ずしもバンクイックカードを使わなければいけないというわけではありません。状況的に見て、ほとんどが「ATMを使って取引を行う」という選択をしていることから、バンクイックカードを使う頻度は非常に高いものの、バンクイックカードを使わずに行う取引きの方法もあります。

 

バンクイックに限らず、カードローンを利用する人の多くは「ATM取り引き」を利用しています。これは、ATMならば曜日や時間を気にすることなく自由に利用することができるというメリットがあるためで、ATM以外の取り引きを利用する場合には「営業時間」などを気にしなければいけない分だけ面倒な要素が増えてしまいます。もし、利用中にバンクイックカードを紛失してしまった場合には、再発行の手続きが必要です。

 

再発行を依頼するためには、まず電話かメールでバンクイックカードの再発行を依頼する旨の連絡をします。メール(申込フォーム)から申請する方法もありますが、電話で簡単に申し込んでしまった方が簡単に済みます。なぜならば、電話ならば「何が必要なのか」ということをまったく知らなくともバンクイックの担当者が率先して手続きを進めてくれるので、特に準備をする必要がないからです。

 

ただ、現状はいかなる方法で再発行の申請をしたとしても、「所定の書類を提出して欲しい」という対応をされてしまう可能性があります。その場合、インターネット上で申請書類のフォーマット(PDF)をダウンロードし、印刷したうえで必要事項を記入して返送(メールまたはFAX)することになります。申請書類と一緒に本人確認書類や暗証番号を証明する書類などを提出する必要がありますが、「まとめて送らない」という点に注意が必要です。

 

万が一、送信先がバンクイック以外だった場合(間違い)、重要な個人情報が流出してしまうことになります。すべての書類を一括して送信しようとすると間違った送信先にまとめて送られてしまう可能性がありますが、個別に送信すればそのリスクを軽減することができます。

 

カードが手元にない間は借入れ、および返済がしづらい状況になってしまいますが、借り入れはまだしも返済は滞りなく期日までに行うことが必要です。申請を行った時点で返済に関する質問をしておくと、返済方法を変更するための方法を教えてもらうことができます。また、その電話で同時に手続きを完了してしまうこともできるので、事前に申請書類を手に入れることができていたとしても電話を掛ける手間を面倒臭がらないことが大切です。

 

カードの再発行までの時間は1週間~10日ほどかかるのが多いため、少なくともこの間に返済期日が訪れる場合は手続きを完了する必要があります。もし、この期間を経てもなお返済期日まで余裕がある場合は手続きを行わなくとも良いでしょうが、万全を期するならば手続きを行っておいた方が賢明です。ただ、必ずしもバンクイックカードを再び発行することが最適解ということにはなりません。

 

たとえば、すでに取引が完了(完済)している状態であれば、これを機に解約をするという選択肢もあります。カードローンを日常的に利用する状況ならばその選択肢はなくなりますが、しばらく利用していない場合などは解約して不要なリスクを解消してしまうという選択肢もあります。また、継続中の取り引きがない場合には、再発行ではなく新規契約を目指して労せずカードを手に入れるという方法もあります。

バンクイック