バンクイックの審査落ちた原因と対処法

バンクイックの審査落ちた原因と対処法

バンクイックの審査落ちた原因を把握しておかなければ再度申し込んでも落ちることになります。まず、利用条件として安定した収入が求められています。これはアルバイトでも問題はありませんが、勤務期間が短いと安定性の判断ができなくなるので審査では不利になります。

 

そのため、1年以上は勤務を続けていた方が通りやすくなります。しかし、契約はできても借入限度額を高くするのは難しいです。バンクイックは銀行カードローンであるため総量規制の対象にはなりませんが、貸し過ぎれば返済できなくなる恐れがあるので収入が低いと限度額も低くなります。高額の借り入れをするのであれば給料の高い正社員などになる必要があります。
審査落ちた原因としては他社の借り入れが多過ぎることも考えられます。このときにバンクイックの保証会社が消費者金融のアコムであることも考慮しなければなりません。契約するには保証会社からの保証も受けられる必要があり、これを断られたときも審査に落ちます。

 

消費者金融からの借り入れがあり、申し込みの際の現在の借り入れ額に気付かれないだろうと考えて金額を誤魔化しても個人信用情報機関の記録を確認されてバレます。少額の差異であれば許容されますが、開きが大きすぎると悪意を持って虚偽の申告を行っているとされるので審査に落ちます。

 

正直に申告した場合でも、借り入れ残高が高ければ返済能力にも影響が出るので不利になります。なお、もし利用中の他社がバンクイックよりも金利が高いのであれば借り換えとして使うことを申告すると良いでしょう。こうすると借りたお金で他社の借り入れを完済するため借り入れ総額の上昇を抑えられるので有利になり、金利も下がるので返済の負担が少なくなります。

 

過去に起こした金融関連のトラブルが個人信用情報機関に異動情報として記録されていることも審査落ちた原因になります。5年から10年間は記録が保持されており、審査のときに参照するので貸し倒れのリスクを避けるために落とされます。

 

保持期間が過ぎていれば気付かれなくなりますが、このときも保証会社を考慮しなければなりません。アコムが保証している銀行はバンクイックだけではありません。他の銀行で返済できなくなり、アコムが代位弁済を行っていると自社記録に残されているため、バンクイックに申し込んだときに保証が受けられずに審査に落ちることになります。このケースは対処法はないので他の銀行に申し込むしかありません。

 

在籍確認が取れない場合も審査に落ちます。消費者金融の中には書類で代用するケースもありますが、バンクイックでは基本的に勤務先への電話で確認を行います。このとき、周囲に知られたくないので困るという理由であれば問題にはなりません。

 

バンクイックを提供している三菱東京UFJ銀行ではクレジットカードの取り扱いも行っているため、電話の際に銀行名を名乗るように依頼しておき、周囲に聞かれたときにはクレジットカードの在籍確認であると答えればカードローンに申し込んだことを知られずに済みます。

 

会社の規則で私用の電話ができない場合、総務に銀行から外せない電話があることを伝えて認めてもらえないか相談すると良いでしょう。都合が悪くてもアリバイ会社を使って済ませようとするのは厳禁です。質の悪い業者であれば電話番号を使い回しているのでバレて審査に落ちます。

 

大企業と提携してバレにくくしている業者もありますが、そもそもこのような大手の業者の場合は利用規則でローンなどの審査に使用するなど、違法性のあるものは利用対象外になっています。どうしても電話での確認が困難な場合には許可が出る可能性は低いですが、オペレーターに事情を説明して確認方法を切り替えてもらえないか相談しましょう。

バンクイック