バンクイックは他社借り入れがあってもOK?借りれないケースはどんな人?

バンクイックは他社借り入れがあってもOK?借りれないケースはどんな人?

「銀行系カードローン」である「バンクイック」は「総量規制対象外カードローン」となるため、年収によって債務上限が設定されません。つまり、他社借り入れがあっても限度額が制限されてしまうことはないので、バンクイックの審査を突破することさえできれば借り入れが可能です。総量規制の対象となるカードローンの場合には、他社借り入れ額を含めて限度額の上限値が設定されてしまうため、希望しても借りれない可能性が高まります。

 

とはいえ、バンクイックならば他社借り入れがあっても確実に借りられるというわけではありません。あくまでも総量規制による制限が適用されないカードローンだというだけの話に過ぎず、バンクイックの審査で承認されなければ借りれないことに変わりはありません。ただ、具体的な限度額上限が設定されるわけではないので、総量規制対象カードローンよりは可能性が高くなるという意味です。要は、債務によって契約難易度が跳ね上がってしまうことを回避できるわけです。

 

ただし、いくら総量規制の対象外だからといって際限なく融資の可能性があるというわけではありません。規制による明確な制約はないものの、現在あるカードローン業者はバンクイックを含めて「総量規制の範囲を一つの基準」として捉えています。つまり、総量規制の対象だろうと対象外だろうと、年収の1/3がひとつの上限として適用されているわけです。そのため、総量規制の範囲を超える借り入れをすることは、範囲内の借り入れと比べて格段に難易度が増します。

 

ただ、その範囲内であれば他社からの借り入れがあってもそれほど大きな問題にはなりにくいので、スムーズに希望額の契約ができる可能性に期待が持てます。また、銀行系カードローンであるメリットを生かし、消費者金融系カードローンの場合は10万円しか借りられないといった状況でも50万円を借りられる可能性もあるため、率先して総量規制対象外のカードローンを選択する意味は大いにあります。

 

バンクイックに限らず、審査で否決されてしまう要因はある程度決まっています。要は、「返済されるかどうか分からない」「返済されない可能性が高いのではないか」という印象を与えてしまうと契約できなくなる可能性が高く、「返済できる力は十分にある」「信用しても良い人物だろう」という印象を持ってもらうことができれば、契約(融資)出来る可能性が高くなっていきます。

 

これらは、「返済能力」と「信用能力」という言葉で表され、すべてのカードローン審査で重要な影響を与えるポイントです。返済能力とは、要するに「年収の多さ」「債務の少なさ」といった自由にできるお金の多少によって判断することが多く、収入が多ければ多いほど、債務が少なければ少ないほど高評価につながりやすい項目です。信用能力は、信用情報機関に登録されている情報などを参考に判断しますが、要は「借金に責任を持てる人間かどうか」です。

 

たとえば、年収100万円の人が借り入れを希望した場合であれば、「年収100万円でどのような生活を送っているのか」が評価対象となります。通常、年収100万円では余裕のある生活を送ることは難しいため、そういった状況から「返済能力が低い」と判断されてしまう可能性が高いです。一つの目安となる年収は200万円で、これ以上の年収かつ勤続年数1年以上がベターとされます。

 

ただ、年収500万円あったとしても、債務が400万円ある場合は評価が大きく下がってしまいます。年収の額だけがポイントになるわけではなく、「生活費などの自由なお金として使える額がどの程度あるのか」がポイントになるため、これを意識することが大切です。

バンクイック