バンクイックの月々の返済額は?他カードローン会社との比較

バンクイックの月々の返済額は?他カードローン会社との比較

バンクイックは月々の返済額負担がかなり低いこともメリットの1つです。10万円以下の借り入れなら、なんと月々の返済額は2000円です。10万円を金利14.6%で借りたとしたら、1ヶ月あたりの利息はおよそ1200円となります。利息に1200円くらいがあてられてしまうので、元本は800円くらいしか減らないことには注意をしておくべきですが、随時返済は手数料無料で自由に行えるのでこれはメリットです。

 

バンクイックの金利は1.8%~14.6%とかなり低いですが、最高の14.6%となっている場合にはクレジットカードのショッピング枠リボ払いとそれほど変わらない負担となります。お金があまったらこまめに随時返済をして積極的に元本を減らすようにしておきましょう。

 

他社のカードローンでは、月々の返済額が5000円くらいと高めに設定されていることもあります。クレジットカードのキャッシング枠などは、最低でも毎月1万円は返済をしていかなければならないということも多いでしょう。

 

それに比べてバンクイックは10万円以下の借り入れならば月々2000円の負担ですむので、大きなメリットがあります。バンクイックよりも月々の返済額の負担が少ないところとなると、地方銀行や信用金庫のカードローンくらいとなるのではないでしょうか。地方銀行や信用金庫のカードローンでは利息さえ返済していれば、延滞にはならないということがあります。利息だけを永遠と返済し続けることになるというリスクもありますが、お金ができたときに自由に返済ができるのでしっかりとシミュレーションをして借りているならそれほどのリスクはありません。

 

バンクイックでは、10万円以下の借り入れでは月々2000円、10万円超~20万円以下では4000円、20万円超~30万円以下では6000円というように、2000円ずつ増していきますので覚えやすいということもメリットです。

 

返済額には利息も含まれているので、口座に用意しておくお金も2000円、4000円などというきりのよい金額でよいです。口座から自動的に引き落としがされてしまいますが、電気料金やガス料金などが予想以上に高額になってしまい、タイミングが重なって引き落としができなかったというトラブルなどもあります。冬場などで電気やガス代が多くかかる時期には特に注意をしておくべきでしょう。

 

逆に、バンクイックが先に引き落とされて、電気代やガス代が引き落とせなかったというトラブルもありますが、電気代やガス代は延滞をしても信用情報に傷がつくことがないので、むしろそちらのほうがデメリットが小さくてすみます。携帯料金の場合には、携帯本体を分割払いで支払っている場合には延滞をすると信用情報に傷がつきます。携帯料金の支払いにも気をつけておくべきです。もちろん、電気代やガス代を延滞してもよいということではなく、優先順位の問題となります。

 

他社カードローンでは10万円以下を借りた場合なら、月々の返済額は4000円~6000円くらいに設定されているところが多いのではないでしょうか。毎月の返済額が大きいということは、それだけ元本も早く減っていくということなのでメリットであるとも考えられます。

 

しかし、カードローンは繰り上げ返済手数料が無料であり、バンクイックならコンビニATMの利用手数料も無料なので、随時返済を手軽に行えます。手数料無料で随時返済を自由にできるカードローンでは、月々の返済額は低めに設定されていたほうがメリットがあるでしょう。バンクイックはお振込みでの返済にも対応しています。三菱東京UFJダイレクトを使えば手数料は無料です。

バンクイック