バンクイックでの借入れ申込み!運転免許書がない場合は代わりになるものはなに?

バンクイックでの借入れ申込み!運転免許書がない場合は代わりになるものはなに?

手元にカードがあればいつでも限度額の範囲内でお金を引き出すことができるカードローンはたいへん便利ですが、この種の金融商品を取り扱っている会社はいくつもあります。銀行や信用金庫をはじめとする金融機関のほかにも、消費者金融や信販会社などがその代表格です。

 

会社の選択によって借入れをするときの条件もまったく違いますが、三菱東京UFJ銀行が開発した個人向けカードローンのバンクイックの場合には、年間の利率が最低で1.8パーセントからの低金利が適用されることとあわせて、利用限度額も500万円までとなっています。この条件ならば日頃の買い物や旅行などのために利用することもできますし、ほかのまとまったお金が必要な用途にあてることもできるため、ほかの会社と比較すると便利さが際立っています。

 

バンクイックで新規のカードローンを申し込む場合には、いくつかの手続きを経なければなりません。まずは申込みですが、この場合はインターネットやテレビ電話、郵送や電話などのいくつかの方法が使えます。便利なのはパソコンやスマートフォンからのインターネットを使う方法ですが、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている人とそうでない人とでは、専用フォームにアクセスするときの入口が異なっていますので、その点だけは注意して手続きをします。インターネットを使えば仮審査に合格したかどうかの通知が電子メールで素早く届くため、他の方法よりも有利です。

 

仮審査に合格した人は、本審査を経由して正式な契約の手続きをすることになりますが、この場合に必要なのが各種の身分確認のための書類や収入が証明できる書類です。収入証明書はバンクイックカードローンの中でも原則として50万円を超える限度額を設定する場合のみ必要になるため、特に提出しないでも手続きが済んでしまうことがあります。いっぽう身分確認書類はあらゆる場合に提出が必要となります。

 

通常は運転免許証があればそれが最適ですが、運転免許証ない場合には代わりになるものを用意しなければなりません。この場合の代わりになるものとしては運転経歴証明書やパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真が付いている公的な機関が発行した証明書が挙げられ、そのほかにも住所や生年月日などがしっかりと記入されている健康保険証も可能です。

 

もしも記載事項が表面と裏面の両方にまたがる場合には、両面ともコピーをした上で提出をする必要があるほか、それぞれの証明書の有効期限を過ぎてしまっている場合には、バンクイック申込みの本人確認書類としても無効になってしまいますので、別の書類を探して提出することになります。

 

 

バンクイックカードをインターネットを通じて申し込んだ場合であっても、これらの書類は郵便またはファクシミリで三菱東京UFJ銀行に送付する必要があり、カードの交付もやはり郵便を通じて行うのが原則です。

 

しかし三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに設置されているテレビ窓口を利用して申込みをする場合には、その場で申し込みから契約までの一連の手続きを行った上で、ただちにカードを受け取ることが可能です。途中の仮審査あたりまでをインターネットで手続きしてから、契約やカードの受け取りだけはテレビ窓口に切り替えることもできます。これらの場合も本人確認書類を持参することが必要で、特に運転免許証ない場合は手続きが煩雑になります。

 

運転免許証がある場合はテレビ窓口に提示すればその場でカードの発行を受けることができますが、通常は代わりになるものとして指定されている健康保険証などの書類では即時の発行が認められません。運転免許証ない場合はせっかくテレビ窓口を訪れても契約の手続きまではできますが、その後のカードは自宅で郵便により受け取ることになります。

バンクイック