バンクイックの審査内容は?在籍確認の方法は?

バンクイックの審査内容は?在籍確認の方法は?

バンクイックは全国各地に支店がある三菱東京UFJ銀行が個人向けに取り扱っているカードローンですが、銀行系のカードローンなだけに金利が低く、最低の場合は年率が1.8パーセントとなっています。これは消費者金融やその他一般的な銀行と比較しても格段に低い水準です。

 

ほかにも500万円までの利用限度額が設定できるところも大きく、何かの事情でまとまったお金が必要なときでも、条件が厳しく手続きが煩雑とされる住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的別ローンの申し込みをしなくて済みます。

 

バンクイックカードローンにはじめて申し込みをする場合、インターネットやテレビ窓口などのいくつかの方法のなかから選択することができます。インターネットは自宅のパソコンやスマートフォンから申し込みをするもので、三菱東京UFJ銀行にすでに普通預金口座を持っている人はホームページの専用フォームに口座番号でログインすることになりますので、一般の人よりも仮審査のお知らせが早く届くメリットがあります。

 

口座がない人もインターネットで申し込むことは可能で、この場合は氏名や年齢、職業などの必要事項をすべて埋める必要がありますが、同様に仮審査の結果は電子メールで送付されます。

 

テレビ窓口は三菱東京UFJ銀行のATMコーナーの一角に設置されてるいるもので、名前のとおりオペレーターとテレビ越しにやり取りをしながら申し込みの手続きが可能です。テレビ窓口は通常の銀行業務が終了している時間帯でも開いており、店舗にもよりますが土曜日や日曜日も開いているのが一般的です。テレビ窓口の場合は正式に契約したときにバンクイックの専用カードをその場で発行してもらえるため、借り入れをできるだけ早く済ませたい場合にはたいへん便利な方法です。

 

このようなバンクイックのカードローンの申し込みをした場合、審査は仮のものと正式なものの両方があり、段階を踏む流れになっています。そのためいったん合格の通知があったとしてもそこで油断はできず、正式に通ってはじめて契約が認められると考えるべきものです。

 

バンクイックの審査は一般の銀行とは違って迅速で、過度に厳しくはないとされていますが、基本的にはその人の返済能力が確かなものかどうかを年齢、職業や世帯構成などの要素から判断しています。年収はもちろん重視されるものの、パートやアルバイトでも定期的で確実な収入があれば審査は意外と通過していますので、年収の金額そのものよりも年収との比較で利用限度額が過大にならないかどうかのほうが注目されている可能性があります。

 

バンクイックカードローンの場合は在籍確認も含まれます。この在籍確認はメールが届いてからすぐに行われることが多く、返済能力があることを確認するための一環と捉えられます。在籍確認は銀行の担当者が申し込みの際に申告されている職場に電話を掛けて本人を呼び出すスタイルをとります。まれに本人が電話を受けずに契約ができたケースがあるようですが、原則は職場への電話はあるものと考えておくのが適切です。

 

テレビ窓口の場合は土曜日や日曜日でも申し込みができ、その場でカードが発行されるとはいっても、実は在籍を確認する部分が後日に回されていて、やはり職場に電話がかかってくることがあります。いずれにしても在籍確認を厭うあまりに職場の係名や電話番号などを事実と異なる内容で申告してしまうと、本審査を通過できなくなってしまうおそれがありますので、注意しておく必要があります。電話そのものは確認がメインで場合によっては金利などの説明がある程度の短いものですので、過度に不安になることはありません。

バンクイック