バンクイックの増額は厳しい?増額の審査方法はどうなっている?

バンクイックの増額は厳しい?増額の審査方法はどうなっている?

バンクイックと契約をする場合には、まず「審査」によって限度額と金利が決まります。大まかな金額ごとの設定金利の幅は決まっていて、限度額が決定した後に状況を加味して契約金利が決定し、それらの条件に納得できれば契約が締結して融資が実行されます。以降、限度額の範囲であれば自由に借りたり返したりすることができるのですが、必ずしもすべての利用者が初回に設定される限度額で満足できるというわけではありません。

 

たとえば、10万円の借り入れを希望している人に割り当てられる限度額が50万円だった場合には、その時点ですでに十分な金額だと言えます。そのため、それ以降は増額などすることなく使用し続けられる可能性もありますが、借りたい金額が50万円なのに10万円の限度額に設定されてしまった場合は、「増額したい」という希望を持つこともあります。

 

バンクイックとこれから契約する段階では、収入や信用能力などに応じて限度額が設定されることになるので、条件を少しでも良いものにしようと思うならば「基本的な返済能力と信用能力を高める」という対策が可能です。要は、収入を増やしたりローンの利用履歴を良いものにしたりという工夫と努力をすることによって、バンクイックから高い信用を得ることができる可能性が高まり、結果的に大きな借り入れが可能になります。

 

しかし、すでに契約してしまっている場合や状況を改善することが難しい場合などは、バンクイックとの契約時の内容があまり良いものにはならない可能性が高くなるため、「契約後に条件を改善していく」というアプローチが必要になることもあり得ます。要するに、「信用を高めて後から増額して希望額の借り入れを実現する」ということです。

 

バンクイックには「増額」という方法があって、契約後に限度額を変更したいときに利用します。といっても、基本的には「もっと高い限度額にしたい」という希望を叶えるための方法で、限度額を下げる目的で利用することはまずありません。なぜならば、自分自身でコントロールしさえすれば良いだけなので、必要以上の限度額が設定されていることに問題は一つもないからです。

 

方法としては、主に「マイページから申請フォームを利用して申し込みをする」というものです。契約後、バンクイックのWEBサイト上からログインすると、増額申請をするためのアイコンがあります。そこから申し込みフォームに進んでいき、必要な情報を入力して送信すると結果が通知されるという形です。ただし、これは審査によって結果が決まるため、希望すれば全員が叶うというわけではありません。

 

具体的な審査方法ならびに審査基準については公表されることはなく、バンクイック内部でのみ具体的な審査方法が存在しているのみです。そのため、あらかじめ自分自身の状況を見て審査に受かるかどうかを判断することはできないのですが、過去の傾向などから基準を推測し、それに基づいて自身の審査結果を予測することは可能です。当然、予想なので100%ではありませんが、しっかりと調べておけば高い確率で結果を予測できます。

 

基準となる項目は大きく3つ、「収入」「債務」「返済状況」が関係します。まず、バンクイックは総量規制対象外のカードローンなので年収による限度額上限は設定されませんが、この規制ができてからおおむね同じ程度が限度額として暗黙の了解になっています。そのため、まずは希望額の3倍程度の収入があることがポイントです。また、これは債務額も含まれるので、併せて確認しておくことが必要です。そして、利用中の状況がどうだったのかということを含めて、バンクイックが独自の基準で判断します。

バンクイック